なぜゴールドウィンの買取が選ばれるのか~第一章~

日本には沢山の買取店、質屋さん、リサイクルショップがあります。

その中の買取店で全てといって言いほど掲げられている言葉があります。

その言葉は【高価買取】です。

しかし何をもって高価買取なんでしょうか?

この高価買取の定義を明確に示すのは難しいですが

私が思う高価買取を今日はお話したいと思います。

 

まずブランド買取店が買取を行う金額には上限があります。

それは小売りの金額です。

一般的に販売されている金額の相場がバックや時計ジュエリーにそれぞれあり

その金額よりも高い買取は現実的にありません。

買取店も商売ですので利益があって初めて成り立つわけです。

逆に言えば定価が10万円の品物でも一般小売価格が20万の物があるとしたら定価を遥かに超える買取が実現されます。

要は小売りの価格よりしたであれば商売は成り立ちます。

しかし買取店は店舗によって小売りルートも規模も違います。

店頭販売しかしていないお店より、HPや大手のオークションサイト、海外ルートを持っているお店が

より高い小売りルートを持っているといえるでしょう。

そしてもう一つ高価買取の定義として

経費があります。

経費ときくと何の話か分かりずらいとおもいますのでご説明します。

単純に買取店でかかる費用、まさに経費が大きい会社より

かかる費用が小さい会社の方が高価買取出来るといっていいでしょう。

例えば

大手全国チェーンの買取店は全国に沢山の店舗を持ち

1店舗で働く従業員は何十人、全体でみれば何百人です。

一等地に大きなテナントを借り素晴らしいサービスのもと飲み物やお菓子なんか出てくるかもしれません。

沢山の人件費や多様な広告費まさに大きな経費といえるでしょう。

この経費はお客様の買取商品の粗利益から勿論まかないます。

当然、この経費を考えた買取をされている事でしょう。

比較的小さい買取店は地方で大きな利益を取りながら営業する店と

都心や市内で薄利で大手と勝負するお店の2種類に分かれていると私は感じます。

今の話をまとめますと

小規模の市内にある買取店で販売ルートが豊富な買取店が実際に高い買取が出来ると言っても過言では無いと思います。

私たちの会社は小規模ですが熱意と誠意をもって毎日、お客様とお話させていただいております。

是非一度、【本物の高価買取】をご体験ください。

 

今日はこの記事を最後まで読んでいただいてありがとうございました。

  

2017年05月12日 3:02 PM | カテゴリー:18金

«

»

金・貴金属買取り

ダイヤ・宝石買取り

ゴールドウィン買い取りページへ